頭皮のフケやかゆみに抗真菌薬の塗り薬が効く

頭皮のフケが多く、毎日髪を洗っていてもかゆくて仕方ないという人は、脂漏性皮膚炎の可能性があります。
脂漏性皮膚炎は生活習慣の問題によるホルモンバランスの乱れが原因とされ、偏った食生活やストレスによって頭皮の免疫力が低下することで、頭皮の皮脂腺が異常をきたし、皮脂の過剰分泌が起こります。そこに皮脂を栄養素とする頭皮の常在菌であるマラセチア菌が増殖し、皮脂を分解する酵素を吐き出すことで、皮膚の剥離や炎症をもたらすとされています。
その結果、炎症によってかみゆを伴い、頭を掻くことで皮膚の剥離を促進してフケが増えたり、頭皮に傷ができて細菌が入り込みさらなる炎症を起こすという悪循環に陥ることになります。
マラセチア菌は頭皮の常在菌で、通常の人であれば免疫力によって抑えられているものですが、体調の不良や生活習慣を乱すことで免疫力が低下すると増殖します。そのためフケやかゆみを抑える方法として、抗真菌薬でマラセチア菌を殺菌してしまうのが効果的とされ、皮膚科でも脂漏性皮膚炎と診断するとイミダゾール系の塗り薬が処方されます。
イミダゾール系抗真菌薬は幅広い真菌に強い殺菌作用が働き、ケトコナゾール、イトラコナゾール、ミコナゾールといった塗り薬を頭皮に塗ることで、マラセチアの増殖を防ぎ、フケやかゆみといった症状を抑制します。
脂漏性皮膚炎の治療において皮膚の炎症を治療することは大切ですが、その原因となるマラセチアの抑制はとても重要とされ、これを抑えることで再発を防いで、健康的な頭皮を作ることができるとされています。
塗り薬以外にも、抗真菌薬を配合したシャンプーも存在しているので、症状が比較的軽い人には、シャンプーを使用するのもいいかもしれません。