フルコート軟膏で治らない場合は抗真菌薬で治療しよう

冬はあかぎれが出来やすい季節です。
乾燥から冬になると、かかとにあかぎれが出来やすいという方も、多いのではないでしょうか。

フルコート軟膏はドラッグストアで購入できる外用薬で、炎症を起こしているあかぎれの改善に有効と言われています。
あかぎれになると、切れている部分から雑菌が入り込みやすく、炎症を起こしてしまうケースも多いようです。
フルコート軟膏には抗炎症成分が含まれているので、あかぎれの他にも湿疹や皮膚炎、あせもにも効きます。

ただ、あかぎれと思って市販薬でケアしていても、症状が改善しない場合は注意しましょう。
このような場合、もしかしたら水虫になっている恐れがあります。
水虫といえば夏というイメージがありますが、実は冬に起こりやすいタイプがあるのです。
角質増殖型水虫といって、かかとの角質が厚くなる症状を引き起こします。

あかぎれと同じような症状を引き起こす為、水虫と気づかない方も少なくありません。
もし、角質増殖型水虫であれば、フルコート軟膏などの市販薬でケアしても完治は期待できないでしょう。

冬になると、かかとの角質が厚くなるという場合、角質増殖型水虫を疑って、1度病院を受診する事をお勧めします。
水虫の検査は患部を少し取り、顕微鏡で水虫の原因となる白癬菌がいないかチェックするだけです。
もし、白癬菌がいた場合は抗真菌薬による治療を受けます。

抗真菌薬には外用薬と内服薬とがあり、角質増殖型水虫は外用薬での治療が基本です。
抗真菌作用のある外用薬を塗る事で、白癬菌を死滅させます。
角質増殖型水虫は、厚い角質の中に白癬菌が入り込んでいる為、すぐに完治する事はありません。
ですが、根気よく治療を続ける事で、白癬菌を撃退できます。